Life Time Experience

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

ワラスでの日々

山から下りてきてから、近所のレストランの若夫婦(モイセス&ジェニー)と仲良くなって、市場や色々なところを案内してもらったり、ペルー料理を教えてもらったり、クイ(山ネズミ)をご馳走してくれたり、カンフーに連れて行ってもらったり、スペイン語と日本語を教え合ったり、僕もお礼にうどんや味噌ラーメンを作ったりとホームステイのような日々を過ごしています。

今朝一緒に行った土曜日の朝市の様子。



写真
https://www.facebook.com/media/set/?set=a.801446283221634.1073741836.100000688086758&type=1&l=5ffdc7cf42

スポンサーサイト

PageTop

チョピカルキ(6354m)


チョピカルキ(6354m)。

遠征の締めにと気合を入れて挑んだが6050m地点でホワイトアウト(ガスで前後左右なにも見えなくなること)。あまりの無念さに、その場でどうか晴れてくれと祈った。雪も降ってきて、このままでは自分のトレースが消えて危険だと下山を決意。

雪は、40-50cmのパウダースノー。標高差1100m、所々、アイスバーンになったり、パックされていたり。下部は、気持ちの良いザラメ。
色々な想いを抱え、最後のターンを刻んだ。

今、この文章を安宿の一室で書いている。「もうヤメよう、これで最後にしよう」そんなことを思ってても、今こうしてここにいるとあの瞬間が懐かしい。寒くて、ツラくて、息をするのも苦しいのに、燃えるような瞬間がそこにはあった。

前に進むことだけを考えて歩いたどんなにゆっくりでも、前に進めば、たどり着くのだと。どんなに遠くても、目の前の一歩を踏み出せば。

テントの中で、たくさんの人たちのことを思った、自分の過去や未来を見つめた。不思議なことに、いつも夢に友人、子ども達、家族が出てきてくれた。

無数の星、朝焼けに染まる山々、心がざわつき景色を楽しんでいる余裕はなかったが圧倒的な自然。

至福の1ヶ月でした。

応援してくれた皆さん、本当にありがとうございました。

chopi.jpg

PageTop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。